静岡交通株式会社

MANAGEMENT
運輸安全マネジメント

運輸安全報告書
運輸安全報告書

本レポートは、安全最優先・法令遵守を優先し、
質の高いサービスを提供することにより、
地域の皆様から信頼される健全な企業を目指し
取り組んでいることを紹介するものであります。



運輸安全報告書

1.輸送の安全に関する基本的方針

『お客様に対しての感謝の気持ちを忘れずに、常に最高のサービスを提供する。』を企業理念とし
1.『輸送の安全は、わが社の根幹、わが社の社会的使命である』が社長の方針である。
2.バス事業の根本である『安全な輸送』『事故防止と法令・社会規範の遵守』を最優先に取り組みます
3.事故、災害等が発生した場合は、お客様の救護・安全確保を最優先に行い、その関係機関と連携を密にし
 被害者の拡大防止、早期復旧を図るとともに輸送の安全に関する情報について積極的に公表を致します。
4.運輸安全マネジメントを断続的に推進していきます。

①事故防止対策(当社:事故防止委員会)年3回実施しました。
②個々の運転技術・心理適正の再認識のため適性診断・実務研修を実施しました。
③非常時対応訓練(12月全員)雪道対応・チェーン装着訓練(1月新人含め4名)実施しました。
④飲酒運転防止対策(社員全員家族への飲酒に対する把握協力を求める文書送付)
(宿泊伴う場合へのチェック強化・チェックシートへの第三者の記載の徹底)
(日帰りであれ長時間待機する仕事に対してのアルコールチェックの徹底)
以上を徹底して来ました。
⑤接客マナーと車両清掃の徹底
*お客様乗降時は、ステップにての出迎えにて、必ずお客様に対しての挨拶する
*乗車いただくお客様に対し、上下隔てない(差別ない)対応をする
*車内の清掃は、次のお客様が気持ちよくご乗車できるようにキッチリと行う。
*お客様乗車後必ずお客様に対し、自分なりに考え「自己紹介」「感謝気持ち」「安全運転の事項」が伝わるように挨拶する

2.輸送の安全に関する目標及び達成状況

2017年度『 有責事故を ゼロ にする 』

目     標 達 成 状 況
自動車事故報告提出件数 0
車内での発車反動事故 0
健康起因事故 0
有責事故(対人・対物) 0

3.輸送の安全関する目標の取り組み結果

1.事故防止に関する意見交換会

社長・運行管理者・代務者を中心として、全乗務員への安全輸送と
サービス向上運動への取り組みと事故防止の通年重点施策を策定いました。(事故防止研究会)

第1回・4月〔議題〕①ヒヤリハットの事例より乗務員同士の意見交換 ②NASVA資料を活用しての指導
第2回・9月〔議題〕①事故につながる要因と対策 ②秋の交通安全運動について
第3回・12月〔議題〕①年末年始総点検・交通県民運動について ②冬季対策について(装備用具点検)

2.乗務員の意識改革・講習会

個々に日頃乗務時に意識して注意している事項・安全に関する意見交換をし、全体で安全に対しての教育を行い輸送の安全の徹底を図りました。
また当社では、ヒヤリハット事例を用意をし実際に、乗務員が体験したことや他社の乗務員より聞いたことなど(事例)を記載・収集し事故防止に役立て活用しおります。(常に記載できるように点呼場に置いてあります)

3.毎月1日に、安全輸送・サービス向上運動を実施

点呼時個々に対して、初心を忘れぬように接客5原則を周知させてます。
①挨拶 ②身嗜み ③表情 ④言葉使い ⑤態度
接客サービスマナー本を活用し抜粋した項目に分け指導してまいりました。

4.会社トップによる職場の巡回の実施

社長・専務にによる職場の巡回を不定期に行い、始業点検・社内チェック等を実施しました。
常に抜き打ちにおこないますので、乗務員の状態が即座にわかり緊張感が高まりました。

5.弱者の保護に対して

①高齢者・初心者が運転する車に対しての思いやり運転の重視
②歩行者の安全確保について、特に子供・高齢者に対しての注意
③自転車・二輪車に対しての危険の察知と対応についての指導
以上3項目に重点を置き弱者保護に対して取り組んでまいりました。
危険予知トレーニングを活用し、子供・高齢者の予知つきにくい行動を分析し意見交をしました。

6.輸送の安全(教育に関する教育及び研修の実施)

(1)運行管理者の研修の実施
①民間が主催する研修会に、年1回2名参加をしました

②安全意識の向上と運行管理業務の向上を図るため社内研修を年2回実施しました。
CS推進のためのスキャンプログラム
日本能率協会総合研究所が、推進するプログラムを
参考にし自社に当てはめ議論致しました。
STEP1から向上させてく目標がたてられました。

③運輸安全マネジメントの講習会を受講(2名年1回)させ、運行管理者の安全意識の向上を
図りました。またPDCAサイクルを生かすため意見交換をしました。
【P】問題・課題点を把握する ⇒ 【D】改善策を実施 ⇒ 【C】改善達成度の把握 ⇒ 
【A】計画の修正・計画の断続 ⇒

個々の適正診断結果・デジタコによる運転結果を参考にし『安全運行するために』の初歩より考え意見交換しました。
静岡交通株式会社静岡交通株式会社静岡交通株式会社